D&Lムービー
設定設置ガイド サーバー System x3650M2

D&Lムービーをキーワードで検索!

4.5 アドバンスド(NICの冗長化) 【M2/M3共通】

4.5.3ネットワーク障害時の動作確認

ここでは、擬似的にネットワーク障害を起こし、
実際に障害が起こった場合の動きを確認します。
Bondingを組んでおけば、万が一ケーブルが抜けてしまったり
ポートが物理的に破損してしまったりした場合にも、通常通りの通信ができます。
大事なデータ資産、基幹システムを守るために、構築しておくことをお勧めします。
検索用キーワード
x3650 M2 x3650M2 キッティング ラックマウント 作業 ラッキング 2Uサーバー サーバー導入 インストール NIC チーミング 障害 回避 ロードバランス パフォーマンス 帯域 LANポート Broadcom Drivers Software 回避 ケーブル 破損 基幹システム データ資産 Bonding Linux Lenovo LENOVO レノボ LES レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ server サーバー system システムエックス x86 IA アイエー m5 m4 IBM アイビーエム アイ・ビー・エム

関連動画 関連動画

4.5 アドバンスド(NICの冗長化) 【M2/M3共通】
4.6 アドバンスド(USBハイパーバイザーメモリーキー) 【M2/M3共通】

Intel inside® 素晴らしいクラウド体験を
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

PAGE TOP
HOME > 営業支援情報 > D&Lムービー > 設定設置ガイド >  System x3650M2 > 4.5.3ネットワーク障害時の動作確認

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.