D&Lムービー
早わかり・深わかりセミナー

D&Lムービーをキーワードで検索!

6.1論理ドライブの動的拡張 (再生時間 04:50)

論理ドライブの動的拡張作業です。

例としてサーバー側に、Eドライブ 10GBとしてマッピングされております。
この10GBの領域を拡張する作業を行います。
まず、Eドライブを一旦オフラインにします。

続いて管理GUI画面で該当のマッピングを解除します。

アイコンメニュー ホストよりホストマッピングを選択し、
マッピングされている該当ボリュームを右クリックし、ボリュームのマップ解除を選択します。
マッピングの削除画面が表示されたら削除するマッピングの数を入力し、マップ解除を行います。
タスク完了後、クローズします。

次にアイコンメニュー ボリュームからボリュームを選択し、拡張したいボリュームを右クリックし、拡張をクリックします。

ボリュームの拡張という画面が表示されますので、拡張する容量を入力します。(総合の容量ではない)
今回は合計100GBへの変更するとして、90GBを入力します。
続いて、最終的なサイズをクリックし合計100GBと表示されることを確認し、内容を確認後、拡張をクリックします。
タスク完了後、表示されたらクローズをクリックし。該当ボリュームの容量が10GBから100GBに変更されたことを確認します。
続いて、再度マッピングを行います。
該当ボリュームを右クリックしホストへのマップを選択します。

ホストの選択でマッピングしたいホストを選択し、ボリュームのマップをクリックします。
タスク完了後、クローズします。

最後にサーバー上でディスクを再スキャンを行い、ディスクの再認識を行います。
サーバーマネージャの操作からディスクの再スキャンを行います。
2つに分かれた容量を統合させます。
まずディスク1でオンラインをクリックし、オンライン後ボリュームEとある元々の領域で右クリックし、ボリュームの拡張をクリックします。

ウィザードが表示されますので、ウィザードに従って設定を行います。
ウィザードの終了でボリュームEが10GBから100GBに変更されます。
検索用キーワード
動的拡張 容量 設定 ホスト Lenovo LENOVO レノボ LES レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ server サーバー system システムエックス x86 IA アイエー m5 m4 IBM アイビーエム アイ・ビー・エム

関連動画 関連動画

Intel inside® Xeon® Platinum プロセッサー搭載
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Ultrabook、Xeon、Xeon Inside、Intel Xeon Phi は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

PAGE TOP
HOME > 営業支援情報 > D&Lムービー > 早わかり・深わかりセミナー >  6.1論理ドライブの動的拡張 (再生時間 04:50)

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.