軽量コンパクトな筐体のエッジサーバーモデル
ThinkAgile MX 1021

ThinkAgile MX 1021

MXシリーズ(Microsoft Azure Stack)に、設置場所を選ばない軽量コンパクトな筐体が特長のエッジサーバー「ThinkSystem SE350」をベースにしたモデルが新登場 !!
「ThinkSystem SE350」と「Microsoft Azure Stack HCIソリューション」の組み合わせにより演算処理を製造ライン、店舗、物流施設などのエッジ環境で行い、生成されたデータをその場で活用。
様々な分析の効率化に貢献します。

ThinkAgile MX 1021

Azure Stack HCIの利点をそのままに

  • シングルオールインクルーシブライセンス
  • ハイブリッドクラウドを集中管理可能
  • 認定ハードウェア
  • 無制限のゲストOS VM

ThinkAgile MXの利点をそのままに

  • 稼働認定されたハードウェア/ソフトウェア
  • Lenovoの信頼性の高いサーバ上に構築
  • HW保守は実績のあるIBM保守
  • ThinkAgile アドバンテージ・サポート

SE350の利点をそのままに

  • 動作温度:0〜55℃、耐衝撃性、耐振動性
  • 物理・電子的なセキュリティ
  • スモール・フォームファクター
  • 多様な設置を可能にするマウントオプション
  • 有線LAN/ワイヤレスネットワーク(WIFI, LTE)をサポート

ThinkAgile MX 1021 の開発コンセプトと主な特長

  • お問い合わせ
PAGE TOP
HOME > Lenovo製品ラインナップ > ThinkAgile > ThinkAgile MX 認定ノード

個人情報の取り扱いについて

Copyright © DiS ダイワボウ情報システム株式会社 All rights reserved.